« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

今日は、患者さんのレシピないの?

これは、我が家の家族の会話です。

今日はないんだ。っていうと、今日はママのか。とか言われるしまつ。

皆さんに、レシピを教えていただくようになってから、我が家の食卓は、

ものすごくにぎわっています。家族もとても喜んでいます。

他のお宅の家庭料理をいただくことなど、ほとんど、ないわけで、同じ、煮ものでも、

サラダでも、きんぴらでも、いためものでも、それぞれの、家庭の味があり、材料も、

切り方も、それぞれで、切り方が違うだけでも、まったく我が家のものとは

違うものになるのが、とても、おもしろいのです。

もう少し、写真を、きれいに入れるにはどうしたらいいのか、ただいま、奮闘中です。

試行錯誤のブログですが、がんばりますね。

人気blogランキングに参加しています。

クリックするとランクが上がります。ぽちっとね→人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポテチが いい味 だしてます 

作り方

材料  だいこん、半分で、大皿に盛れるくらいです。しめじ ベーコン3~5枚

ポテトチップス0.5~1袋(塩味またはコンソメ味) しょう油  酒

Dsc03721_4 1.大根は千切りにし、水にさらし、水気を切っておく。

2.ベーコンは5㎜幅くらいにきり、しめじは、石づきを取って、ばらしておく。

3.ベーコンと、jしめじを炒め、酒としょう油で味付けをする。

4.食べる直前に、だいこんを皿に盛り、炒めたものを全体に広げる。

5.ポテトチップスは、ビニール袋にいれて、細かくない程度にたたいておき、全体にふる。

Dsc03740_3   まぜながら、どーぞ

by Youko Ookubo

人気blogランキングに参加しています。

クリックするとランクが上がります。ぽちっとね→人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フライドポテトでもOK!! じゃがいもと鶏肉の甘酢いため

Dsc03723_2 作り方

材料  じゃがいも2個  鶏もも肉半分~1枚  玉ねぎ小1個  きのこも合います。

季節の青物野菜(ブロッコリー、菜の花、インゲン、アスパラ、ピーマン、ほうれん草など)

1.じゃがいもは半月に切り、ラップに包んでレンジで、加熱する。

2.多めの油でこんがりと揚げ焼きして、取り出しておく。

冷凍のフライドポテトでも、ファーストフードのフライドポテトでもOK。

3.鶏肉は、一口大に切って、しょう油、酒、片栗粉で下味をつけ、

これも、ちょっとチンしておく。鶏肉のかわりに、牛肉でも豚肉でもOK。

4.甘酢をつくっておく。砂糖、しょう油、酒、酢をお好みの味に合わせておく。

甘酢がにがてなら、甘辛でも、酒としょう油でも、ハーブとしょう油でも

いろいろと、アイディアを発展させてください。

5.玉ねぎと、鶏肉を炒め、火が通ったら、じゃがいもを戻し入れ、甘酢と、青物を加えて

炒め合わせる。

by Youko Ookubo

人気blogランキングに参加しています。

クリックするとランクが上がります。ぽちっとね→人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふるさとの味  鶴岡  どんがら汁

わたしのふるさとは、山形県鶴岡市です。

南に月山、湯殿山、羽黒山の出羽三山を望み、北には、鳥海山がそびえる風光明媚な

ところです。

藤沢周平の故郷で、たそがれ清兵衛や、蝉しぐれ、武士の一分の舞台にもなりました。

藤沢周平プロフィールは、http://www.shonai-nippo.co.jp/square/feature/fujisawa/

そして、今回、アカデミー賞を受賞した、[おくりびと]の舞台でもあります。

おくりびと公式ホームページhttp://www.okuribito.jp/

映画をみると、ことばも、風景も、人も、すべてが、とても、とてもなつかしいのです。

鶴岡は、庄内米の産地であることは、もちろん、日本海の海の幸にも恵まれ、

なんでもおいしいと評判のところです。

2月の一番寒い時期に寒鱈がとれます。寒鱈のアラの味噌汁が、どんがら汁です。

Photo_7

作り方  調理とは言わないでください、鱈が味をだします。

1.鍋に水を入れ沸騰したら肝臓(アブラワタ)をいれ、煮立ったらどんがらをいれます。

2.煮立ってくるとアクがでます。このアクをていねいに取ってください。

このアク取りがタラ汁のコツです。

3.煮立ったら、味噌(よい味噌がミソだよ)をいれて、できあがり。

白子(タチ)を入れる場合は、味噌の次にいれます。煮立ったらOK。            ねぎ、岩のりを放してもおいしいです。

豆腐、大根、粕等は、いれないで下さい。   鶴岡 ごとう鮮魚店 店主言上

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大好評!  超簡単!  おもてなしOK!

Photo_6

作り方

材料  

牛肉(薄めのステーキ肉が美味しいような気がする) 

にんにく、醤油、バター

1. 牛肉は、塩コショウし、フライパンで焼く(ステーキを焼くように)

2.焼いた牛肉は、食べやすい大きさに切って、皿に盛り付ける。

3.フライパンの残った油にバターを少したす。

4.フライパンをななめにし、油をため、スライスしたにんにくを弱火で炒め、醤油をいれる。

5.牛肉の上から、ガーリックソースをかけていただく。

by Yoshiko Mine

人気blogランキングに参加しています。

クリックするとランクが上がります。ぽちっとね→人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

田舎のけんちん汁

Photo 作り方

材料  大根、人参、さといも、ごぼう、豆腐、昆布、だし汁、醤油、油少々。

1.大根、人参は、皮をむきイチョウ切りにする。

2.ごぼうは、ささ切りにし、さっと水につけ、あくぬきする。

3.さといもは、輪切りにする。

4.油で、人参、ごぼうを先にいためる。

5.大根、さといもを入れ、材料に応じて、だし汁を入れる。

6.材料が、柔らかくなったら、刻み昆布を入れ、豆腐を入れ、醤油で味を整える。

けんちん汁は、翌日食べると、味がしみ込んで、一味違います。

しょう油味なので、翌日、うどんを入れても、おもちを入れても、一品になります。

by  Kenchan Mama

人気blogランキングに参加しています。

クリックするとランクが上がります。ぽちっとね人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

体に底力がつく   だし汁

作り方

材料    水10カップ   昆布3~5枚   鰹節40~50g(だいたい一袋)

1.昆布は1時間ほど、鍋の水につけておく。

2.中火にし、昆布がゆらりとゆれ始めたら、火を弱めて、15~30分煮る。

3.ぜったいに、煮立たせないようにし、くせの出る直前に、昆布を取り出す。

4.鍋に少量の水を入れ、温度を下げて、鰹節を鍋全体に広げていれる。

5.沸騰する直前に火をとめる。

6.網でこす。

以上一番だし!!

二番だしは、

1.水8カップくらいで、使った昆布と鰹節を火にかけ、20~25分ほど煮る。

2.火を止めるまぎわに、ひとつかみ鰹節を入れ、火を消し網でこす。

使い方

一番だしは、澄まし汁や、野菜のひたしもの、茶碗蒸しなど。

二番だしは、味噌汁や、煮もの、うどん、そばのつゆ物など。

まとめて、一週間のだしをひき、冷蔵庫に入れて、使いまわすといいです。

by  Kenchan Mama

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビーフシチュー  この味を出す、至福の時間!

Photo_2 作り方

材料  牛ばらブロックまたはすね肉 500g  ブイヨン4個  

トマトピューレー1本 玉ねぎ4個 じゃがいも4個 にんじん2本

1.牛肉は、大きめに切り、塩コショウし、小麦粉、大さじ2杯を、もみながら、よくまぶし、

牛脂等で、表面をこんがり焼く。

2.なべに、カップ6杯の水と、ブイヨン(マギーブイヨンのキューブ) 4個、ローリエ1枚を

入れ、そこに、焼き色がついた牛肉をいれて、中火で、2時間煮る。happy01

3.2時間後、トマトピューレーをいれて、煮たってから、じゃがいも、にんじん、

玉ねぎをいれる。じゃがいもは、半分にし、めんとりを。にんじんも大きめに切り、

めんとりをする。玉ねぎは、4分割にして入れる。

4.弱火で、コトコトと煮る。

5.仕上げに、タイムとクローブを加える。

by Kaoru Terauti

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ささみとザーサイと、ねぎのコラボ!

Photo_3 作り方

材料 とりささみ3~4枚 ザーサイ(瓶詰め) ねぎ

1.とりのささみは、酒を少々入れた熱湯にいれてゆで、熱いうちに、

細かく裂いておく。

2.ねぎは、5㎝位に切って、白髪ねぎにし、水にさらして、しぼっておく。

3.ザーサイは、細かくみじん切りにしておく。

4.これを、すべて、ボールに入れてまぜ合わせ、しょう油、ごま油であえていただく。

by Yoshiko Futami

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パーティに最高!とりのトマト煮込み

157 作り方

材料  とりもも肉3~4枚 トマト缶1 バター30g 中濃ソース、

ケチャップ適宜  ワイン

 砂糖 大さじ1 チーズ適宜

1.とり肉は、大きめの一口大に切り、塩コショウする。

2.フライパンに油を引いて、焦げ目がつくまで焼く。

3.鍋に、トマト缶を入れ、バター、砂糖、中濃ソース、ケチャップ、ワインを入れて煮込み、

その中にとり肉を入れて、煮込む。

4.耐熱皿に、うつし、チーズをのせ、オーブン(180度)で、焦げ目がつくまで焼く。

by Sayoko Okada

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ねぎがおいしい!

Dsc03636 作り方

材料  とりのモモ肉1枚  ねぎ5本 しょうが5枚

1.とりのモモ肉をひとくち大に切る。ねぎは、ぶつ切りにする。

2.しょうがは、かわのまま、薄切りにする。

3、ボールに材料を入れ、酒カップ1~2、塩小さじ1~2をいれ、まぜておく。

4.蒸し器にいれ、15~20分途中、かきまぜながら、蒸す。

5.器にもり、わさび醤油をつくって、適宜かけ、あつあつを、どうぞ召し上がれ。

6、とても簡単なのに、抜群においしいので、ぜひ一度おためしを。

by yoshiko mine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

だいこんモンブラン

Dsc03646_2 作り方

材料   だいこん1本   ぶたの薄切り肉   しょう油

1.ぶたの薄切り肉は、湯どうしして、サルにあげておく。

2.だいこんの半分を大根おろしにし、カップ3杯の水をくわえ、なべぞこで、固まって動くくらいに、煮る。

3.残っただいこんは、お好みの量を、ピューラーで、薄く、細長く切っておく。

4.大根おろしのなべに、水を加え、豚肉と、切っただいこんを入れ、しょう油で味付けをし、さっと煮る。

5.盛りつけは、豚肉を、先に盛り、細長いだいこんを、モンブランのようにかざる。

6.大根おろしが、お砂糖のかわりです。

 by  kaoru  terauti

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水菜サラダ 決め手は切り昆布

016 作り方

材料 水菜・キャベツ・玉ねぎ・切り昆布・シーチキン・ミニトマト

ソース(ごまドレッシング〈市販品〉・味ぽん〈市販品〉少々・レモン汁

1.水菜はよく洗い、3㎝位の大きさに切る。

2.キャベツは千切りにして、水にさっとさらしペーパーで水気を切る。

3.セロリは、皮むき器で薄く削り取り、斜めに薄くそぎ切りにして氷水につけてパリッとさせる。

4.切り昆布は塩を流し水に2~3分つけて3㎝位の長さに切る。

5.シーチキンは缶汁を取り除いておく。

6.ミニトマトは飾り付けなので、好みで切る。

7.ソースの材料を混ぜ合わせて、野菜・昆布・シーチキンを混ぜた皿にかけて、ミニトマトを添える。

by ken-chan mama

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サツマイモの簡単サラダ

006_9 作り方

材料 さつまいも・にんじん・ブロッコリー・玉ねぎ・マカロニ

    ソース(レモン汁・マヨネーズ・塩・こしょう)

1.サツマイモは皮をむき、水にさらして適当な大きさに切って柔らかくなるまで蒸す。

2.にんじんはオリーブオイルを少しまぶして、イチョウ切りにしてレンジで柔らかくなるまで加熱する。

3.ブロッコリーは、適当な大きさに切って固めに茹でる。

4.玉ねぎはスライスして水にさらし、ペーパーで水気をきっておく。

5.マカロニは柔らかくなるまでゆでる。

6・ソースの材料を混ぜ、野菜・マカロニと全体によくからめて召し上がれ。

      by  kenntyan mama

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »