« ビーフシチュー  この味を出す、至福の時間! | トップページ | 田舎のけんちん汁 »

体に底力がつく   だし汁

作り方

材料    水10カップ   昆布3~5枚   鰹節40~50g(だいたい一袋)

1.昆布は1時間ほど、鍋の水につけておく。

2.中火にし、昆布がゆらりとゆれ始めたら、火を弱めて、15~30分煮る。

3.ぜったいに、煮立たせないようにし、くせの出る直前に、昆布を取り出す。

4.鍋に少量の水を入れ、温度を下げて、鰹節を鍋全体に広げていれる。

5.沸騰する直前に火をとめる。

6.網でこす。

以上一番だし!!

二番だしは、

1.水8カップくらいで、使った昆布と鰹節を火にかけ、20~25分ほど煮る。

2.火を止めるまぎわに、ひとつかみ鰹節を入れ、火を消し網でこす。

使い方

一番だしは、澄まし汁や、野菜のひたしもの、茶碗蒸しなど。

二番だしは、味噌汁や、煮もの、うどん、そばのつゆ物など。

まとめて、一週間のだしをひき、冷蔵庫に入れて、使いまわすといいです。

by  Kenchan Mama

|

« ビーフシチュー  この味を出す、至福の時間! | トップページ | 田舎のけんちん汁 »

ママたちのすてきレシピ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1163628/28219559

この記事へのトラックバック一覧です: 体に底力がつく   だし汁:

« ビーフシチュー  この味を出す、至福の時間! | トップページ | 田舎のけんちん汁 »