« 栗の渋皮煮 | トップページ | 「港街」  相原勇 »

何で書いた絵だと思いますか?

Photo_6 横浜の大道芸の絵です。

平塚の古くからの患者さんで、相原勇さんの作品です。

この絵は、すべて、新聞紙を、手でちぎって、貼って作ったものです。

日本で、真白の新聞紙はないですよね。

ストライプの白は、シンガポールの新聞だそうです。

見れば、見るほど、びっくりです。

大きさは、50号だそうです。

迫力満点です。

相原さんは、もともと、植物で、絵をかいていました。押し花をし、それをアレンジして絵にする。

どんどん、バージョンアップしているのです。

今のPhoto_7 植物の絵もすごいですよ。

すべて、植物です。

本物を、よく見ると、葡萄の葉っぱだったりします。

道路のグレーは、黒米を細かくしたものだそうです。

緑は、お茶の葉だったりと、何十種類もの、材料を使っているそうです。

押し花をして、2年は寝かすそうです。色が安定しないのだそうです。

相原さんの、植物の絵は、本当に出来た時にしか見ることができません。

やはり、何年かすると色が変わるからだそうです。

なんだか貴重な作品に出会ったような、感動がありました。

相原さんのこれからの作品も楽しみにしています。

|

« 栗の渋皮煮 | トップページ | 「港街」  相原勇 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1163628/31556646

この記事へのトラックバック一覧です: 何で書いた絵だと思いますか?:

« 栗の渋皮煮 | トップページ | 「港街」  相原勇 »